BB兄さんvsマンション投資の勧誘 4回戦

1~3回戦の様子はこちら

会社にマンション投資会社のグラン○ァンからまた電話がかかってきました。

<4回戦>
会社の部署に直接電話。
部署で電話を取ってもらう事務さんに「グラン○ァンからかかってきたら『いない』って言って下さい」と言付けておいたのですが、そのときはちょうど事務さんがおらず、防壁を突破されてしまいました。

そもそも、グラン○ァンとは名乗らず、「GV」ですと名乗る方針に変えていたようです。姑息だなぁ。

なので、同僚から電話を回してもらったときは最初は私もグラン○ァンだとは思わず、普通に出てしまいました。

「GVの○○です。(私の名前)さん、私のこと覚えていますか?」
第一声がこれです。覚えているわけないです。この時点で、「なにこの電話」と思い、1秒後くらいに「ああ、グラン○ァンか」と気づきました。

先方は何やら「新しい商品がどうちゃら」とかしゃべっていたのですが、こっちはすごく忙しかったので、数秒くらいしゃべらせた後に「マンション投資ですよね?」とカットイン(口調はやや冷たい感じで。ピアノで言えば「メゾツメテ」)

「マンション投資といわれればそうですけど・・・。投資という言葉は印象お悪うございますか?」

「興味が無いので」(メゾツメテ)

「私どもはマンション投資と言ってもうんちゃらかんちゃら」

「切ります」(ツメテッシモ)

「ああ、そうですか~」

(ガチャリ)

本当に忙しかったのでこうなりましたが、余裕があればもう少し聞いてあげてもよかったかなと思います。
まあ、いま投資用のマンション買う人なんてそういないし、彼らもお辛いでしょうね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です